ボウリング場を素通りして

2017/04/23
今日は、晴れて気持ちが良い日でした。
気温も20度位で、先日の夏日とは違って4月らしい気温でした。

今日は、奥さんと早朝に農協へ買い物に行きました。
近くにも農協があるんですが、少し遠出(大きな農協)ですがそこへ行って来ました。
野菜を買いに行くんですが、花も見たりして買ったりします。

農協へ行く途中に、昔からあるボウリング場があります、ウッドレーンでして近年は殆どがプラステックレーンですので珍しいと言えます。
前に私のブログでも書きましたが、ウッドレーンはプラステックレーンに比べて曲りが出やすいです。
ボウリング場は素通りして農協へ。

日曜とあって、朝から混んでました、県外からとか来る人が多い農協なので。

帰宅してからは、いつもと同じような過ごし方(テレビを見たりネットをみたり)をしています。
平凡極まりない過ごし方ですがね。

ここの所、私はボウリングから離れていますが、奥さんが行く時は一緒に行くんですが、自分自身はボウリングはせずに奥さんのフォームとか他の人の投球動作とか見ております。
人の投球動作を見てますと案外面白いものでして、色んな投球動作で投げてるなと思ったりします。
ただ漠然と見てるのではなく、フォームの関係や立ち位置、狙い位置、ボールの軌道とかそういった事を考えながら見てますと面白いものです。
ボウリングは自分でプレーしなくても見ていても飽きないですね。

人によって、回転数やスピードが違うので曲りの関係も当然ながら違ってきます、そういった事柄を考えながらボウリングされますとボウリングも上達されると思います。
その人に合ったボウリングをする事でして、他人がボウリングするんじゃなくて、ボウリングするのは御自分です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
comment (0) @ ボウリング

元ボウリングプロボウラー西城正明

2017/04/18
ここ数日、暑い日が続いている。
今日は、30度位になったんじゃないだろうか?
4月でこの気温は暑過ぎる。
4月はこの調子で25度前後の気温で落ち着くだろうと思うが。

先日の4月14日の「爆報!フライデー」と言うテレビ放送を見た。
そこで、元プロの西城正明を久しぶりに見た。
姉になる五月みどりも出演された。

元プロボウラーの西城は第一次ボウリングブームでは第一人者として活躍されていたが、ボウリングを辞めた後はスナックや小料理屋を経営していたが、うまくいかずに、現在は無職で年金生活をしているようだ。
絵が上手なので、これで一花咲かせようと考えてるようだ。

昔の第一次ボウリングブーム時代を思い出した。
近年は、中高年者や年配者を中心にマイボウラーも増え、ボウリング人気も高まってる気がする。
しかしながら、若い人をボウリングに興味を持たせるようにしないといけない気もする。
若い人が、野球やサッカーに興味を持つように、ボウリングにも同じように興味を持つようになると良いんだが。
それには、憧れるようなボウリング男女プロを増やす必要があるのと、魅力あるボウリングにしていく必要があると思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
comment (3) @ ボウリング

2011-2012 GEICO PBA Shark Open Finals の結果

2017/04/10
その前に、バーンズの投球フォームを載せておきます。
バーンズ6
上がクリスバーンズの投球フォームです。
左から、構えてる所ですが、足は曲げずに直立不動です。
次に、バーンズは5歩助走なので、2歩目の足が床に着いるのにボールは前に出していません。
次に、足が床に完全についてからプッシュしています。
次に、足が完全について左足が動きかけた時にプッシュ~ダウンしています。
次に、ここでダウンに入ろうとしています。
このように、バーンズは右足が完全に床に着いてから、プッシュ~ダウンしています。

このように、日本の基本で言われる、手足同時のプッシュアウエイはしてないので、レッスンでは注意される事柄ですが。
アメリカでは、このように基本にとらわれずに、自分の投げやすい無理のないフォームで投げている訳です。
ボウリングするのは他人ではなく自分です、人のタイミングで投げても思うようにはいかない訳でして、御自分に合ったタイミングで投げる事でレベルアップする訳です。

さて。本題ですが。

4人での対決で1ゲームは、コイブミエミが脱落、2ゲームはバーンズとべルモンテとラッシュで行われた。

このゲームで、バーンズはパーフェクトを出し、奥さんと2人の子供が応援にきていて奥さんと子供の前でのパーフェクトを出した。

ラッシュは脱落して、3ゲームはバーンズとべルモンテでの決勝戦となった。
この調子だと優勝はバーンズかと思ったのだが。

決勝戦では、1ゲーム、2ゲームとは違って、べルモンテが序盤から好調だ。

ベルモンテは7フレまで連続ストライク、バーンズも負けじと連続ストライク。
しかし、バーンズは中盤1ピン残りが多発、オープンフレームもあり、中盤で勝負は決した。

序盤~中盤、終盤も調子が良かったベルモンテの優勝となった。
バーンズは、決勝戦の前にパーフェクトを出して好調と思えたが序盤の滑り出しは良かったが中盤以降失速してしまった。

ボウリングは最後まで何が起こるか分らない。
有利に進めていても、突如としてミスが出る事も多々ある、決勝戦だと尚更だ。
技術面だけでなく、心理面も鍛える必要がある訳だ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
comment (0) @ ボウリング

2011-2012 GEICO PBA Shark Open Finals

2017/04/09
最近、日中は20度をこえる暖かい日が続いています。
朝、夜もそれほど寒くありません。

先日の記事のインストラクターですが。
ボウリング場で働いている人(受付してる人やその他のスタッフ)はボウリング場の支配人やら経営者等からインストラクターの試験を受けるように言われます。
しかしながら、この辺は本人の自由なので、受けようと受けまいと構わない訳ですが。
ボウリング場でこの先働くならば受けた方が良い訳です。

ボウリング初心者ならずマイボウラーならば疑問に思うのは、一般のマイボウラーやマイボウラーでない方はこのインストラーの試験を受ける資格はあるのか?と言う事です。

ボウリング場で働いている人のみが受けられるのか?ですが。

インストラクター試験は、ボウリング関係に関する職業に就いてなくても16歳以上ならば誰でも受ける資格はある訳です。
アマチュアボウラーとして取得できるインストラクター資格と言えます。
と言う事は、アマチュアマイボウラーならば、初心者でも勿論中級者や上級者でも、ボウリングをまったく知らない人でも16歳以上ならば受験資格はあるって事になります。

講習を受けて、ボウリングの知識を学び試験に合格すれば資格が与えられると言う事は、インストラクターの資格を持っていても、知識的にはあるが、技術的にはまったく出来ない人もいるのかもしれません。
しかしながら、受験する人は、まったくボウリングをした事がない人は試験は受けないかもしれませんがね。

名選手名コーチならずと言う事でして、技術的にはまったく下手でも、知識が豊富ならば、教え上手ならば、良い訳です。

16歳以上ならば、誰でも受けられる資格なので、インストラクターの資格が取りたいと考えてるならば、受けるのも良いんじゃないかと思います。
これからのボウリングライフの幅も広がると思います。
近年、中高年者や年配者のマイボウラーが多い訳でして、資格を取る事で中高年者や年配者の更なるボウリングライフが広がると思います。
ただ漠然とボウリングしていたり、楽しんでしていたり、趣味の一環として、リーグボウラーとして、大会に出てる人もいるでしょう、目標を持つと言う事は大事な事でして、ボウリングライフをエンジョイする為にインストラクター資格にチャレンジするのも良いでしょう。

さて。ボウリングですが、ボウリングユーチューブ動画を見た。
クリスバーンズとコイブミエミは私の好きなプロボウラーだ。

クリスバーンズの投球フォームを見ると、以前ブログで書いたように、プッシュアウエイ時に於いて、右足と右手は同時に出さずに、右足が床に着いてから、プッシュダウン的に右手が出ている。

そして、今回の動画を見て、アプローチに立った際に、両膝を少し曲げ気味にして立つと基本では教わるが、彼は膝を曲げずにそのまま足を真っ直ぐのままで立ち、投球動作に入っている。
膝を曲げずに真っ直ぐと立ち、状態は若干反らして構えています。
悪く言えば棒立ちです。

これも、彼の投げやすいスタイルと言っていいでしょう。
膝を曲げずにそのままの姿勢から投球動作に移った方が、すんなりと動作しやすいのかもしれません。
日本の基本から言うとはずれてるので、レッスンを受けてたら注意される事柄でしょう。

コイブミエミもリリースの際に、基本はファール線近くにボールを落とす訳ですが、彼の場合、かなり前に投げています。
ガイド(テンアングルドット)付近にボールを落としています。
これも彼がこのスタイルが良いと考えて行ってるんだと思います。

このように、型をはめずに、自分の投げやすいスタイルで投げる事でボウリングのレベルアップに繋がると私は思います。

前にブログでも書いたんですが、動画を見る際に、こういった事も良く観察しながらボウリング動画も見ると、更に、面白くなるかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
comment (0) @ ボウリング

ボウリングインストラクター

2017/04/07
今日も日中は20度を越えて暖かいと言うより、暑いような日でした。
20度越えの暖かい天気が続きそうです。

さて。ボウリングですが。
その前に、テレビのニュースで歌手の桑田佳祐がボウリングで279を出したようだ。
9フレまでストライクで、10フレ1投目が9本カウント、7ピン残りをクリアし、最後の3投目はストライクでした。
パーフェクトにならずでしたが実に素晴らしい投球でした。

ボウリングインストラクターとはどう言う人なのか?
特に初心者の場合には分らない人も多いと思います。

ボウリング場の受付してる人、ボウリング場で働いている人はこういった資格を持っている人もいますし、持ってない人もいます。

まず、インストラクターはアマチュアです。
年に1回ある、インストラクター講習会を1日或いは2日受けて試験を行い合格すると資格が与えられます。

2級の場合は2日間の講習で、主にボウリングに関する知識(学科)を勉強します、後は、ボウリング教室での教え方を教わり、実際に生徒と先生役で行う訳です、実技は行いません。
なので、実技が劣っていても知識が備わってれば良いと言う事です。

インストラクターが教えるマイボウラーよりも技術的に劣っていると言う事も有り得る訳です。
名選手必ずしも名コーチならずと言う訳でして、自分より技術が優れていたりする上級者にでも教える事が出来ると言う事です。

1級の場合は、1日間の講習で技術の試験があるので実際に投球する訳です。
アベレージスコアがどれくらいか?は私は良くわ分りませんが。

プロボウラー試験ではないので、アベレージ200って事はないと思います。

上に書いたような事なので、ボウリング知識が豊富なマイボウラー中級者や上級者ならば、インストラクターよりも知識が上で技術的にも上って事が有り得ますし、こういう事が多いような気もします。

肝心なのは、教わった際に、自分には合っているか?向いているか?
御自分で試してみる事が肝要でして、駄目ならば教わった事はやめる事です。

プロボウラーから教わる事もあるかと思いますが、これも、同じことが言えます。
プロボウラーも元をただせば、元アマチュアマイボウラーでして、アベレージが200出せれば合格する訳でして。

ボウリングは、プロとアマの差があまりないスポーツと言えるかもしれません。

プロアマ問わずに教え方上手な人もいれば、下手な人もいます。
自分の考えをごり押しするようなインストラクターやプロには教わらない方が無難です、教わる人の話も良く聞き、その人に合ったアドバイスが出来る人に教わると良いと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
comment (0) @ ボウリング