FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

無料で楽しめる涼しい場所はないか  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

暑いと熱いお茶を飲む気にはなりませんが、夏に時には熱いお茶と言う人もおりますが。
私は熱いお茶は飲もうとは思いません。
やはり、熱い時は、冷たいお茶ですな。
麦茶とか最近ではペットボトルでお茶を買ってきて飲んでますがね。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

梅雨はあけたようです。
昨日は暑かった。熱中症には気をつけなければ。

お年寄り、シニアの方々は暑さをあまり感じない人もいるようです。
汗もさほどかかない人もいるようでして、いつのまにか熱中症に陥るようです。
喉が渇いてなくても小まめに水分補給をする必要があります。

家でエアコンを1日中かけていると電気代がかさみます。

お金が掛からずに涼しい所はと言うと図書館があげられます。
1日中いても無料ですし、しかしながら、本が好きな人じゃないと間が持たないかもしれませんがね。
椅子に座ってぼーっとしたり寝るのも良いかもしれませんが。

他にはないか?

どこかで無料で1日楽しめて涼しい所はないかな。

ボウリング好きな人ならば、ボウリング場へ行って人が投げてるのを見て楽しむって事もあるが。

デパートへ行って色々と見たりするのも女性ならば良いかもしれませんが。
男性ならば苦痛かもしれません。

とまあ。涼しい所でお金が掛からず無料で1日楽しむ場所はないか?と考えてる訳です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ボールの仕様②  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

月曜には梅雨があけそうです。
本格的な夏の到来です、汗っかきなので暑いのは苦手です。

昨日、ボールの仕様としてRGと⊿RGについて述べましたが。
ボールの転がりやすさとフレア(曲り)の大きさでしたが。

ボールの曲がりで言うとカバーストック(ボールの表面素材)で違ってきます。

カバーストックは大きく分けるとソリッド素材とパール素材とに分かれています。
近年では、両方を併せ持ったハイブリッド素材と言うのが出ています。

ソリッド素材は、ボール表面が曇っていて滑らず転がりやすくてアーク状の曲りが出ます。

パール素材は、ボール表面が光っていて滑りやすく油が少なくなった所から急激に曲がります。
俗に言われている走って切れるボールです。

曲がり方が違うので好みと言えます。
初心者の場合は、アーク状に曲がるボールの方が扱いやすいかもしれません。

しかしながら、スピートが遅い女性やシニアの方ですとピンにあたる前にボールがくたびれてしまって死に玉になってしまうので走って切れるボールの方が良いかもしれません。

最後にボールの曲がる要素として。

カバーストック(ボールの表面の素材)70%、コア(ボールの中に入っている玉)20%、ドリルレイアウト10%と言われています。
表面素材と中玉で殆ど決まってしまい、ドリルレイアウトは殆ど影響はしてないと言えますね。

しかしながら、直接影響する事として、ボールの表面を加工する事によって、マイクロパッドやアブラロンパッド(サンドペーパーと同じようなヤスリ)で擦って曇らせたり、逆にポリッシュ剤で光らせる事によってボールの動きを変える事は出来ます。

レーン上の油が多い場合(曲がりが出にくい場合)は、ボール表面を曇らせる、レーン上に油が無い、少ない場合(曲がり過ぎる場合)は、ボール表面を光らせる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

ボールの仕様  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

昨日は暑かった。
明日台風が来るようですが、月曜には梅雨があけそうです。

ボールを買うとボールの仕様が書いててありますが。
カバーストック、コア、RG、⊿RG、表面仕上げ(表面加工)等。

RGと⊿RGについて簡単に述べますと。

RGはボールの転がりやすさを表す数字で、低い程転がりやすく早くから曲り出す傾向になり、高いものほどスキッド(走り)が長くなります。

RGの規定は、2.460 ~2.800の範囲内です。 

⊿RGはフレアの大きさを表す数字で、数字が大きい程フレアが大きくなり曲りが大きくなります、、小さい程フレアが小さくなり曲りが小さくなります。

フレアとは投球した時に付いてくる油の線の幅を言います。

⊿RGの規定は、0.000~0.060の範囲内です。

RGと⊿RGを気にしてボールを購入されると宜しいかなと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

親指を先に抜く  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

今週末には梅雨はあけるようです。

初心者の場合に親指を先に抜くとアドバイスされると。

親指を速く先に抜くのか?と考えがちで、速すぎて腕が最下点になったときに落ちてしまう方が案外多い。
ボールがドンと落ちてしまう光景を見る事が多々あります。

これは親指を先に抜くとアドバイスされると指を速く先に抜くと思ってしまう訳でして。

親指を速く先に抜くと言うのは、フィンガー(中指と薬指)より先にと言う訳でして。
同時に抜けると回転は掛かりづらくなる。

手首が真っ直ぐになっている場合は、親指が抜ける位置は最下点で抜け掛かり左足を通過したあたりで抜きます

しかし、女性の方やシニアの方は手首が弱く真っ直ぐにならない場合が多いので、左足を通過した時点で抜いても回転が掛かりにくくなります。

手首が真っ直ぐにならない場合は、左足よりも更に先(前の方で)で親指を抜く(放す)と手首が真っ直ぐになってなくても回転が掛かりやすくなります。

これは、腕がやや上になった位置から抜けるので手首が真っ直ぐになってなくても上からボールが落ちる形になり手の平から転がるので回転が掛かりやすくなる訳です。

あまり上まで腕をあげてしまうとロフト気味(レーンの先の方に放り投げるような形)になってしまうので注意が必要です。

或いは、以前の記事に書いたようにリスタイを付ける事で手首が曲がりにくくなります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

ボールが曲がらない  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

今週末?来週?そろそろ梅雨もあけそうです。
そうなると今度は気温が高くなり熱中症になる人が。
気温が高く湿度も高い日本です。

初心者や中級者でボールが中々曲がらないと言う方が意外と多い。

マイボウラーになったらボールを曲げたいと言うボウラーが多い訳ですが。
ですので曲げる為の練習をする訳ですが。

ボールを曲げるにはターンして手の平が左に向いたタイミングで親指を抜く事が必要なんですが。

初心者や中級者に多いのが、しっかりとターン出来ずに手の平が左(内側)に向いてない状態で親指が抜けるので横回転が掛かりづらくなっています。

抜くタイミング(手の平が左に向く前に親指が抜ける)が速すぎるとしっかりと横回転が掛からない訳です。

抜けるタイミングを改善するには抜くタイミングを遅くする(ロフト気味に前の方で抜く)と手の平が左になるので横回転が掛かりやすくなる。

或いは、抜くタイミングが速すぎるが中々改善されない場合は、前の記事にも書いたと思いますが、初めから手の平を左に(内側)向けたままで投球すると良い。

予め左に向いてるので親指が常に良い状態で抜ける事になるので横回転が掛かりやすくなります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

ストレートボール  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

毎日蒸し暑い日が続いています。

ハウスボウラー等、レクレーションや家族連れでボウリングされてる方々はストレートボールで投球されています。

ハウスボーラーで投げてる人で、殆どボールが回転せずに滑って行く光景を見る事がありますが、ストレートボールは同じように見えても縦に回転してる訳でして。
回転してないとピンにあたった時の威力がない訳です。

先日の記事で、パーフェクト理論上で言うとフックボールは必要不可欠になると書きました。
ストライクになるには、ポケットに入る角度が3度~6度必要となる訳でして。
上のようにする事によってストライクになる確率が高くなります。

ストレートボールでこれを行うと隣のレーンから投球する事になる訳です。
隣のレーンから投球する事は出来ないのでフックボールが必要となります。

しかし、ストレートボールしか投げられない方やストレートボールでボウリングしたいと仰る方々もいる訳でして。

そこで、ストレートボールでストライクになりやすくするにはどう投球すれば良いのか?
ストレートボールでも立ち位置と狙い位置を決めてコントロール良く投げればストライクになる確率も高くなります。

ストレートボールと言っても先で若干の曲りが出るものでして。
立ち位置は真ん中(4番スパット)で、狙い位置は3番スパット或いは4番と3番の間あたり。
しかし、ミスって真ん中のピン(1番ピン)に当たるとピンが割れる(左右にピンが残る)率も高くなるのでコントロールを付ける必要がある訳です。

どこにボールがあたると良いかと言うと、1番ピンと3番ピン或いは1番ピンと2番ピンの間にボールがくるようにコントロールしなければいけません。

立ち位置と狙い位置を決めるんですが、ポケットに行かない場合は、立ち位置と狙い位置を更に左に或いは右にもっていく必要があります。

場合によっては立ち位置を真ん中(4番スパット)の更に1個左にして、狙い位置を4番スパットでポケットに入るボウラーもいるかもしれません。

ポケットに入る自分の立ち位置を狙い位置を決めたらそこに投げれるようにコントロールの練習をする必要があります。

先に書いたように、1番ピンに当たったりすると割れる率も高くなるという事も頭に入れる必要がある訳です。

最後に球種に関してはどれが良いかとは言いきれないんですが。

フックボール、ストレートボール、、バックアップボール、スピナーボール、UFOボール(独楽のように回転する)とそれぞれ良い部分もある訳でして。

UFOボールはスピナー回転と同じような回転でして、台湾のボウラーが良く投げてる球種です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

フックボール  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

毎日蒸し暑い日が続いています。

初心者のうちは中々フックボールが投げられずストレートボールを投げてる人も多いですが。

中級者や上級者はフックボールを当然の如く投げてる訳ですが。
パーフェクト理論上で言うとボウリングにはフックボールは必要不可欠になります。

前の記事で、フックボールを投げるには手の平を内側(親指が10時、握手の形)ににして投球すると書きました。
その際に、親指が先に抜けてフィンガーに引っ掛かりながらボールは落ちていく訳でして。

そして、手首をなるべく真っ直ぐにする(できなければリスタイをつける)。

カップリストと言う言葉がありますが、カップリストにしなくても手首を真っ直ぐにするだけでフックボールは投げられます。
カップリストは考えなくても良い訳です。

しかし、落す位置、どのように放したらよいのか?ですが。

手前に落とすではなく、前の方に落とすのではなく。

ボールを右斜め前に運び転がす感じで放し落すと良い訳です。
出来なくても良いですからイメージで投球練習されると良い訳です。
練習してるうちに出来るようになります。

位置の関係で、具体的に言うと、左のくるぶしあたりにボールが来た時が放すタイミングで、その時に手の平は既に内側を向いてないとしっかりと横回転は掛かりません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

研修  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。
朝起きるとテレビを付けてお湯を沸かして。お茶でも飲みますかな。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

先日、仕事関係(週に3日勤務)で、2日間の研修に行って来ました。

私が勤務している仕事関係には1年間に色々と研修がある訳ですが。

先日の研修では、本来の研修とは別に、研修の一端として「認知症サポータ-」を受けたんですが。

講義を受けると「認知症サポーター」という事になるようです。

資格証のようなものを渡してくれるのかと思ったら、腕輪?をもらった。
常に腕輪してなくてはいけないのだろうか?認知症サポーターの映像ビデオを見ると皆さん腕輪をしていたんだが。
本来の研修と関連付けた研修なので?いや、しかし、本来の仕事をしてる時はさすがにこの腕輪はしないだろう。

自分自身が認知症側の身になっているのにって感じですがね。

そういえば、思い出したんだが、数年前?もっと前か?普通救命講習と上級救命講習を個人的に受けた事があった。
普通救命は半日だったか?上級救命は1日のそれぞれ講習と実技を受けた。
資格証をそれぞれ普通救命と上級救命と頂いた。

何かあった時に心臓マッサージとか除細動装置のやり方を身につけておくのもよいと思ったからだ。
そういった機会に巡り合った事はなかったので良かった訳ですが。

近年、高齢者が多くなり、認知症を発症する高齢者も増えてきてるようですし、今後、更に増えるようです。
高齢者が増える=認知症も増えると言う訳です。

近い将来的に高齢者が増える、若い人が減る(出生率が低い)=年金が減る、或いは先延ばし(70歳は確実、いづれ75歳とかに先延ばし)、或いは無くなる。

日本は長寿国と言われてますが、早死にする人もいるわけでして、70歳とか75歳とかに先延ばしされたら、年金もらわないうちに死んでしまうってこともありうる訳です。
国はそれをもくろんでいるのかもしれませんね。

この先、高齢者にとっては暮らしにくい世の中になってくるようです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

マイボール  

年を取ると早起きになると言いますが。
朝起きるとテレビを付けてお湯を沸かして。お茶でも飲みますかな。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

マイボールが作りたい場合、ボールを購入するんですが、価格が高いものから安いものまで色々とあります。

選ぶ基準は?
初めてボールを作るのならば、プロボウラーやインストラクター或いは上級者や中級者に聞いてみるのも良いでしょう。

初めて作る場合は、曲りがあまりでないプラスティックボールで作られると宜しい。
プラスティックボールは価格は曲りが出やすいボールよりも価格は安いです。

ボウリングのフォーム作りや投球の練習をこのボールでみっちりと行うと良い訳です。

ご自分のフォームがかたまり、投球のコントロールが定まってきたら、次の段階として曲りが出やすいボールを購入されると宜しいかと。

数年、このプラスティックボールで投げてる方もいますので、そのまま継続して投げても良い訳です。

ボールも価格が高いのでシニアの場合、目的が健康の為、趣味として、仲間つくりと考えてる人も案外多い訳でして、無理して買う必要もない訳です。

先日、ボウリング場へ行ったんですが、プロショップを見てましたら、「ジャイレーション2」と言うボールが展示されていました。
曲がりが出やすいボールなんですが、低価格でプラスティックボール(スペアボールとしても使用される)と同等の価格で買えるのでお勧めと言えます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

ボールは何故曲がるのか  

年を取ると早起きになると言いますが。
朝起きるとテレビを付けてお湯を沸かして。お茶でも飲みますかな。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

昨日は、かなり蒸し暑かった。
少し動くと汗が出てきて、湿度があると気温が低くても汗ばんできます。

以前に記事に書いたような気がするが忘れてしまったので。
重複してしていたら申し訳ないんですが。

ボールは何故まがるのか?
質問された時にどう答えるか?
簡単そうですが、考えてみると意外と難しいと言えます。

ですが、皆さんのそれぞれの答えは曲がる要素としては正解と言えると思います。

例えば、油が少ないから、ボールが曲がるボールだから、回転方向が曲がる方向だから、回転数が多いから等その他にもあると思いますが。

例えば曲がるボールを使用すれば曲がるんですが、投げ方によっては全く曲がらないと言う現象がおきます。

また、曲がるボールで曲がる投げ方をしてもレーンコンディション(油が多い状態)によっては曲りが少なくなります。

ボールの曲りはボール自体の性能もあるんですが、一番重要なのは投げ方という事になる訳です。

投球動作が曲がるべく回転方向(アクシスローテーション)になってないといくら性能が良い曲がるボールでも曲がなりという事になる訳です。

ボールを投げ始めてピンにあたるまでにボールはどうなるかというと。

ボールを投げると油のあるレーンを横滑り回転しながら滑っていきます(スキッド)、そして油が少なくなった部分から曲り出します(フッキング)、そして油のない部分から摩擦が多くなり転がりだします(ロール)。

ボールを投げるとスキッド~フッキング~ロールを経てピンにあたります。

ボールが曲がるには投球動作が重要でして、ボールが投げられてから、ボールは、スキッド~フッキング~ロールを経てピンにあたります

ボールが曲がるのは、ボールのリアクションの変化でして。
投球した時からピンにあたるまでの回転軸の移り変りによってボールは曲がるという事になります。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

▲Page top