FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ストレートボール  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

毎日蒸し暑い日が続いています。

ハウスボウラー等、レクレーションや家族連れでボウリングされてる方々はストレートボールで投球されています。

ハウスボーラーで投げてる人で、殆どボールが回転せずに滑って行く光景を見る事がありますが、ストレートボールは同じように見えても縦に回転してる訳でして。
回転してないとピンにあたった時の威力がない訳です。

先日の記事で、パーフェクト理論上で言うとフックボールは必要不可欠になると書きました。
ストライクになるには、ポケットに入る角度が3度~6度必要となる訳でして。
上のようにする事によってストライクになる確率が高くなります。

ストレートボールでこれを行うと隣のレーンから投球する事になる訳です。
隣のレーンから投球する事は出来ないのでフックボールが必要となります。

しかし、ストレートボールしか投げられない方やストレートボールでボウリングしたいと仰る方々もいる訳でして。

そこで、ストレートボールでストライクになりやすくするにはどう投球すれば良いのか?
ストレートボールでも立ち位置と狙い位置を決めてコントロール良く投げればストライクになる確率も高くなります。

ストレートボールと言っても先で若干の曲りが出るものでして。
立ち位置は真ん中(4番スパット)で、狙い位置は3番スパット或いは4番と3番の間あたり。
しかし、ミスって真ん中のピン(1番ピン)に当たるとピンが割れる(左右にピンが残る)率も高くなるのでコントロールを付ける必要がある訳です。

どこにボールがあたると良いかと言うと、1番ピンと3番ピン或いは1番ピンと2番ピンの間にボールがくるようにコントロールしなければいけません。

立ち位置と狙い位置を決めるんですが、ポケットに行かない場合は、立ち位置と狙い位置を更に左に或いは右にもっていく必要があります。

場合によっては立ち位置を真ん中(4番スパット)の更に1個左にして、狙い位置を4番スパットでポケットに入るボウラーもいるかもしれません。

ポケットに入る自分の立ち位置を狙い位置を決めたらそこに投げれるようにコントロールの練習をする必要があります。

先に書いたように、1番ピンに当たったりすると割れる率も高くなるという事も頭に入れる必要がある訳です。

最後に球種に関してはどれが良いかとは言いきれないんですが。

フックボール、ストレートボール、、バックアップボール、スピナーボール、UFOボール(独楽のように回転する)とそれぞれ良い部分もある訳でして。

UFOボールはスピナー回転と同じような回転でして、台湾のボウラーが良く投げてる球種です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



▲Page top