FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ブログの休止  

私事の都合でしばらくの間ブログを休止致します。

スポンサーサイト



長さを測る単位  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

ブログの更新が滞っています。
最近どうもブログを書こうという意欲というか面倒くさいと言うか。
書こうと言う気持ちが失せつつあります。

やはり毎日(日記)書かないと(習慣つける)いけないのかもしれません。

1回休むと次もまあいいかとなり怠惰的になるようです。

記事の内容を考えるってのも毎日の事なので(ボウリングに特化した記事ですと)ネタ不足になってしまう事もある訳です。

ボウリングボールをドリルする際にメジャー(特殊な工具、或いはインチ定規)で計るんですが。

通常、物を計る時はセンチメートルやメートル、ミリメートルで計るんですが、ボウリングの場合は単位はインチで計ります。

1インチ=2.54㎝という実に半端な数値です。
1インチ=約2.5㎝と考える。

㎝で表すときは半端な数値は略して約何㎝と

PIN~PAPまでの距離を言う場合に半端な数値ですと、4-1/2インチと言うぐあいに表します。
その際に㎝だと何㎝?なのかと言い換える事や何㎝なのかと考える事はなく、ただ単に4-1/2と漠然に思うだけです。

特殊な道具(プロセクトゲージ)で計るんですが、ない場合は、インチ定規と言う定規で測ります。

レーンの長さとか言う場合にも何フィートで言いますが。
1フィート=30.48 cmでして中途半端な数値です。
1フィート=約30㎝と考える。

レーンのファール線から1番PINまでが60フィート。
メートルで表す時は半端な数値は略して約18メートルと表しています。

ボウリング場へ行くと油を引いた長さを表す表が貼ってありますが、40フィート(標準的な引いてある油の長さ)とか書かれています。
ボウリングをする場合にレーンコンディションの表を見て、今月は油の量が多くて油の引いてある長さも長いようだと分かる訳です。

40フィート?長さの実感がわきません、計算すると約12メートルか?とまあこんな具合になる訳です。
油の量も書かれています、例えば20㎖とか。20㎖ならば標準的な油の量です。

油の長さでは40フィート、油の量では20㎖が標準的なのでこれを基準としてとらえて、今月は(油の量や長さは毎月或いは2ヶ月に一度変えるボウリング場が多いようです)多いな少ないなと考えると宜しいかなと。

単位を表すには色々な単位がある訳です。

統一してメートルやセンチにしてもらうと有り難い訳ですが。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

親指の角度(ピッチ)  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

ボールが落ちる・抜けづらいと言う事がありますが。

ボールが落ちる、抜けづらいの原因はサムホールが大きい、小さいが原因が多いのですが。

上の事柄が改善してるとなると、他に原因があります。

ドリルに関しては以前、ブログで書いたと思いますが。

ドリル時に於いての親指の角度(ピッチ)が原因の場合もありますが。
ドイルする時にはそういった事柄は調べるので。

但し、ドリラーによってはこういった事柄を調べないで平均的なドリルをする人もおります。
特に初めてマイボールを作る人(初めてマイボールを作る人ほど慎重に調べないといけないのですが)の場合に、適当に(平均的な一般的な)ドリルする人も少なくありません。

ボールを投げて、何かおかしい?とか違和感があったり、指が痛くなったり、何かおかしいと思ったら、ドリラーに相談されると宜しいかなと。

普通、サムホールを掘る場合は、ゼロピッチと言ってボールの中心に対して真っ直ぐに掘りますが、ボールが落ちやすい場合は、フォワードピッチと言って中心に対して内側に向くように掘ります、逆に抜けづらい場合は、リバースピッチと言って中心に対して外側に向くように掘ります。

ゼロピッチ:通常はこれ。
フォワードピッチ:親指の抜けが遅くなる。
リバースピッチ:親指の抜けが早くなる。

更にそれぞれ、左右に向けるようにレフトとライトがあります。

↓親指の角度

18

親指の角度(ピッチ)を変える。
ドリルする場合には、ボウラーによってピッチを変えて掘る訳です。

初心者マイボウラーでも、ドリル時に於いて、上のような事柄もあると言う事を覚えておくのも宜しいかなと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

昔の投球方法と近年の投球方法  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

朝、晩と寒くなってきました。日中は陽が当たってると暖かいんですが。
我が家では炬燵は1年中使っていまして、夏は掛け布団を取ればテーブルと使えますので。

もう少し寒くなると石油ストーブの出番です。

エアコンの暖房はあまり使いません、ストーブの方が部屋が暖めるので。
それとストーブの上にやかんが載せられるのでお湯が沸かせるのが利点です。

しかしながら、たまにエアコンの暖房も使いますがね。

先日のブログにボウリングの投球には、アウトサイドボウリングとインサイドボウリングがあると書きましたが。

それ以前に投げ方が、昔の投げ方と近年の投げ方では違っています。
とは言うものの、昔の投げ方で投げてるボウラーが多いのですが。

近年では昔の投げ方とは違った投げ方で投げてるボウラーも増えつつあります。
これは海外から入ってきて日本でも増えつつあります。

昔からある投げ方が、リフト&ターンです。
ターンしてからリフトするので名前的には逆でして、ターン&リフトになるんでしょうが、細かい事はどうでも良い話ですが。
説明はいらないとは思いますが、投げ方は、ターンしてリフトして投げる訳です。

それとサムレスと言う投げ方もあり、これは昔からあります。
フィンガーだけを入れて親指を入れずに投げます、ハウスボールで投球されている方がいますね。

近年では、ローダウンと言う投げ方が増えてきています。
アメリアで流行ってそれが日本にも入ってきた訳ですが。
投げ方としては、手首を柔らかく使って、フィンガーで引っかけあげずに手の平から転がるようにして投げます。
マスターするには練習が必要です。

それと、両手投げと言う投げ方で投げているボウラーもおります。
投げ方は言わずとも分かると思いますが、両手で投げる訳です。
これもアメリカで流行って日本にも入ってきた訳です。

こうやって見てみるとボウリングに於いては、色々と考えてる先駆者はアメリカでして、日本はそれを真似するという形です。

アメリカとか海外のボウラーは固定観念に囚われていないので色々な発想が出てくるんですが、日本の場合、固定観念に囚われるので新しい発想は中々望めない訳です。

基本はこうだからこうしないといけないという固守した考え方ですとやはり新しい発想は出てこないんじゃないかと思いますね。

投げ方だけでなく、プッシュアウエイ(プッシュダウンするボウラーも多い)に於いても、アウトステップとインステップも然り。
ボウラーはインステップするのが当たり前と教わってきましたが、アメリカや海外では真逆のアウトステップするボウラーも増えてきています、日本でもアウトステップボウラーもいると思いますが。

こやって見てみると、基本に則ってボウリングするんですが、やりづらい、結果がでないとか、自分には合ってないんじゃないか?
こういったところから、新しい発想で出てくるんじゃないかと思ったりします。

それ以前に、ボウリングの基本とは何だんだろうと思いますがね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

ボールの握り方  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

昨日の記事でスパンの事を書きましたが。
マイボールの場合でして。

ハウスボールですとマイボールよりもスパンが短くなっており、マイボールのように握りますとボールと手のひらの隙間がかなりあいてしまいます。

手が大きい人でも小さい人でも握れるようになってる訳です。

そうなると投げにくいですし、回転も掛けづらくなります。
ハウスボールの場合は、指を深くいれます(第二関節まで)。

ハウスボールでサムレスで投球されてる人がおりますが、親指を入れない事で手の平に隙間が空かないので理にかなっている訳です。

ボールの握り方も数種類ありまして。

マイボールを作る時にフィンガーをどこまで入れるようにするか。
フィンガーをどこまで入れて握るかによってもスパンの長さが違ってきます。

一般的なのは、フィンガーチップと言いまして、指の第一関節まで入れる握り方とセミフィンガーグリップと言いまして、指の第一関節と第二関節の間まで入れるとあります。

ハウスボールの場合は、セミフィンガーグリップよりも更に深くいれるコンベンショナルグリップで握ります。
これは、指の第二関節まで入れます。

マイボールは第一関節まで入れて握るのが一般的でして、ハウスボールは第二関節まで入れて握ります。

近年では、昨日書いたようにフルスパンからセミスパンになってきました。
ボールの握り方は3種類ありますが、フィンガーグリップで握るボウラーが殆どですが、
近年では、セミフィンガーグリップで握るボウラーも増えてきています。

マイボールの場合は、基本、フィンガーチップ(第一関節まで入れる)で握りますので
それに合わせてスパンの長さを決めます。
これが昔はフルスパン(手の平がびったりボールに合わさる)でしたが、近年ではセミスパン(若干隙間が出るように合わせる)になってきています。

セミスパンをドリルする場合は、親指を入れてフィンガーを指穴の上に置いた時にボールの指穴の真ん中あたりに第一関節がくるようにしてドリルします。

↓セミスパン。画像は正確ではありません。
17


近年のボウリングは、昔とは考え方も違ってきてるようです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

スパンの長さ  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

今日は天皇陛下・皇后のパレードがあります。

先日、テレビで放送されたんですが。
台形の夕日(上が丸くて下が角張っている)を見ると縁起が良いとか。
御利益があるのかもしれません。

卓球が男女3位以上確定で頑張ってますね。
女子は決勝進出。

今、レーザー彫刻機が気になっています。
価格が1万円台で買えて、色々な材料に彫刻が出来ます。
彫刻と言うかレーザーで焼き彫刻する訳です。

昔(ボウリングが流行った頃)は、スパンの長さ(親指~フィンガーまでの距離)は手の長さに合わせてピッタリ(フルスパン)にしてドリルしてた訳ですが。
上のように合わせるとターンしないと親指が抜けないと言う事になるんですが。

近年では、セミスパンと言って若干余裕が出来るように合わせています。
こうする事でターンせずとも親指が抜けやすくなります。

特に、初心者マイボウラーの場合は、ターン出来ない人も多いわけでして、ピッタリ合わせるよりは若干余裕があった方が良い訳です。

私も昔はフルスパンでしたが、現在ではセミスパンにしてドリルしています。
自由に手の動きがしやすい点が利点と言えます。
特に、手首を使ってリリースするローダウンには適しています。
ローダウンの場合は、セミスパンより更に短くしてるようですが。

スパンの長さには、フルスパンとセミスパン、更に短いローダウンに適した短いスパンもあります。

時代と共に、スパンの長さも変わってきてる訳です。

ようするに投球しやすいって事ですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

リリースの動作  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

以前ブログで書いたかも?知れませんが、重複してたらごめんなさい。
年を取ると忘れっぽくなるので。

ボウリングフォームは練習してある程度出来るようになったら、ボールの回転とコントロールの練習をしますが。
ボウリングフォームは反復練習して自分のフォームを固める必要があります。

回転が上手に綺麗に掛けられないボウラーが多いです。
それはターンの位置と親指の抜けの位置が違ってるからでして。

どの位置でターンするのか?親指抜けの位置は?
初心者マイボウラーの場合に分からない人が多いと思います。

親指が抜ける段階になった時には既にターンは終了してないといけません。
ターンが終わって手の向きが俗に言われている10時の形になった状態から指を抜くとしっかりとボールは回転が綺麗に掛かり転がっていきます。

レッスンやアドバイスで、漠然と親指を先に抜くとかターンするとか言い、具体的な事を教えない場合が多いです。
初心者マイボウラーの場合にはどの位置でどんな風にと具体的にアドバイスしないといけません。
漠然とアドバイスするので、親指の抜くタイミングが早かったり遅かったりする訳です。
ターンにしても然りです、どのタイミングでどうターンするのか。

ターンが終わらないうちに親指が抜けるとボールはコントロール性が悪くなり回転も掛かりづらくなり、綺麗な回転になりません。

初心者マイボウラーの場合に、親指を早く抜こうとして、右腰(最下点)に腕が来た時に完全に抜いたり、右腰(最下点)に腕が来た時にまだターン途中(ターンが終わってない)だったりするとボールが早く落ちたり、親指を抜きながらターンすると言う事になりコントロールと回転が悪くなります。

バックスイングから腕が降りてきて、右腰(最下点)に来た時点ではターンは終了してないといけません。
親指が抜ける位置もターンが終了した右腰(最下点)に来た時点から抜け始め、左足に来た時点では完全に抜けます

親指が抜けるのはターンが終わってからと言う事です、ターン途中で抜ける状態ですといけません。

ボールは手のひらを転がり、フィンガーに引っかかりながら落ち、転がっていきます。

初心者マイボウラーや回転がうまく綺麗に掛からないボウラーは、右腰に腕がきた時点でターンが終了していないのが原因です。

それ以前にターンが終了していても、手首が折れているボウラー場合は、回転(回転数が少なくなる)が掛かりづらいです。
手首を真っ直ぐにする必要があります、出来ない場合はリスタイを付けると改善されます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

10連続ストライク  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

先日は、27時間テレビをだらだらと見ておりました。

27時間テレビで初めて見たんですが、ボウリング天才キッズの水野聡太君。
独特の投げ方で両手投げみたいですが、両手投げとは違い両手で持つんですが、体の正面で両手を使って左に回転を掛けて投球しています。
10ピンとか右側にスペアが残った時は右に回転を掛けて取っています。

投球されたボールはレーン上を転がり、先で曲がっていきます。
ストライクにはならなかったんですが、スペアを上手に取っていました。

将来楽しみなボウラーです。

27時間テレビを見て(ボウリング天才キッズの水野聡太君)ボウリング人口が増えると良いですがね。

10レーンを使っての10連続ストライクは出来なかったですが。

アマチュア全日本メンバーが10レーンに各々1列に並んで順番に取る挑戦をしましたが、9レーンまではストライクが出たんですが、10レーンを投げたメンバーが惜しくもミスし(1ピン残り)10連続にはなりませんでした。

そのほか、アメリカチャンピオンの女子プロボウラーも挑戦しましたが、8連続止まりでした。

芸能人の俳優の村田さんとかその他挑戦しましたが10連続にはなりませんでした。

やはり、同じ1つのレーンでなく、10レーン(各々微妙に油の状態が違う)でとなるとなかなか難しい面もあります。

27時間テレビはスポーツをテーマにしており、その他のスポーツ、いろいろなスポーツに焦点をあて、エピソードも交えて、見ていて楽しめました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

ボウリングの投球方法  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

8チャンネルの27時間テレビで10連続ストライクチャレンジを行っている。
プロ・アマチュアボウラーと芸能人のボウラーが27時間にわたって10連続ストライクのチャレンジを行っている。
昨夜、たまたま見てたら、外国の女子プロボウラーが投球していたが、1レーンではストライクが出たが2レーンでは出ず、失敗に終わりました。

1投球しストライクが出たら隣のレーンに移動して行うようで、10レーンを使ってのチャレンジのようです。
1投球毎にレーンを変えるので10連続はかなり難度と言えます。

果たして10連続が出るか?

会場のボウリング場は東京ポートボール、ここは投げた事はないが講習で行った事はある。

ボウリングの投球には、アウトサイドボウリングとインサイドボウリングがあります。

初心者マイボウラーの場合、アウトサイドボウリングが基本になると思いますが。

近年では、インサイドボウリングが流行っています。

昔のボウリングはアウトサイドボウリングといいまして、右端に立って端のラインを狙ってのボウリングが主流でしたが、近年ではインサイドボウリングといいまして、左端から油の多いところを滑らせて外に出すボウリングが流行っています。

昔のボールと今のボールでは違っていまして、昔のボールは曲がりが少なかったんですが、近年のボールは良く曲がりますので、インサイドボウリングが出来ると言うことです。

インサイドボウリングは、海外で流行り、後に日本でも流行ってきています。

インサイドボウリングの場合、フッキングする場所を見極める事が重要でして。
見極められないと低スコアに陥る場合も多々あります。

その点、アウトサイドボウリングは、狙い位置(スパット狙って)を定めて投球しますので、地味ですが、安定したスコアになりやすいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

ボウリングの基本  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

もう11月です、年をとると1年が早く感じます。
年をとるたびに、死に近づく訳ですが、後、何年生きられるんだろうかとふと思う事があります。
「有意義に過ごす、或いは生きる」とよくいいますが、そう思ってもなかなか出来ないものです。
だらだらと無駄?に過ごす事が案外多いものですね。
無駄=平凡と捉える事もできます、無駄な事も案外必要でして、平凡に生きる事が一番良い事なのかもしれませんね。

都知事の小池さんが「合意なき決定」と述べて受け入れを表明した。
大会を成功させる重要性を考え、IOCの決定(札幌で開催)に同意は出来ないが、最終権限は
IOCにあり決定を覆す事は出来ないとした上での合意なき決定とし受け入れを表明した。

しかしながら、都が経費負担をしない事を約束し、他に4点についても約束させた訳でして。
小池さんの思惑が通りの落としどころにもっていった感がある。
都民が納得出来得る合意であり、小池さんのパフォーマンスは成功といえるでしょう。

小池さんの茅の外~始まり、終わってみたら小池さんの存在感が強調され、IOCに一矢を報いる事が出来
、してやったりと言うことなんでしょう。

都民も小池さんが頑張ったと言う印象を持ち、東京で開催されないのは残念ですが札幌開催で都の税金は使われる事はなく、東京都の道路整備(暑さ対策)等で都の税金は無駄になりますが、温暖化対策になり、
これから、東京でマラソンや競歩の大会が行われる場合に選手たちには走りやすくなり、長い目で見れば無駄にはなってないといえるでしょう。

ボウリングですが、年を取ると前に書いたかどうか忘れてしまう事も多々ありまして。
重複してる場合はご勘弁を。

初心者マイボウラーの場合に、どうやってボウリングをするのか道しるべが必要な訳でして。
これが、ボウリングの基本という訳です。

基本をまず習得し、フォームですね、自分のフォームを確立する訳です。

タイミングやバランス、コントロールが出来るようになるまで練習します。

その上で、自分にはどうもしっくりこない部分を取り払っていき、自分のしっくりくる方法で補う訳です。

助走で言えば、4歩助走、5歩助走、構えで言うなら、足を揃えて立つか前後にずらすか。
肩をまっすぐするか落とすか、床に対して正対するか斜光するか。
バックスイングを高くするかしないか等。

基本はありますが、それを踏まえた上での自分なりのフォームの確立をします。

海外のプロボウラーを見れば一目瞭然です。
多種多様なフォーム、独特なフォームのボウラーもおります。

野球で言われるのは日本は型にはめすぎと言う嫌いがありますが、海外では型はありますが、それにはとらわれずに自由にやらせます。
日本で多いのが基本の型にはめすぎて、今まで良かったのにスランプに陥るって事です、いじって潰すパターンが案外多いです。

今まで良かったのならば基本にとらわれずに良いところを伸ばす事です、そうする事でダメなところがカバー出来るって事です。
日本では、ダメなところを直そうとするから良いところが悪くなるという悪循環に陥りやすいです。

海外では悪い部分を直そうとせずに良い部分を伸ばす事で更に向上するという考えです。

そういったことで、基本はあるが、あくまで一つの道しるべと考えた方が宜しいかなと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング

▲Page top