FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ボウリングのやり方  

昨日は、ボウリングの始め方について書きました。
ボウリング経験がまったくない人がボウリング場へ行ってどのようにして始めたらいいのか?
受付~終わりまでについて。

今回は、ボウリングのやり方について書いてみようと思います。
ボールを持って歩いていって投げれば良いんですが。
ただ漠然と歩いていって投げてるのでは、全部のピンは倒せません。

その前に、ボールの選び方~立ち位置~狙い位置を決めなければいけません。

ボールの選びですが、一般的に言われてるのは体重の10分の1の重さ。
但し、腕力、握力など個人差があるので目安として考えて下さい。
一般的には、女性は9ポンド~11ポンド、男性は12ポンド~14ポンドと言われています。
これも個人差があるので一概には言えません。
1ゲーム~2ゲーム程行って腕や疲れたり握力が低下するようならば、1ポンド下げた方が良いでしょう。
逆に放り投げてしまう感覚があれば軽すぎると言えます。

次に立ち位置と狙い位置ですが。
初めてボウリングをする方は適当に立ってボールを持って漠然と真ん中(一番ピンを見て)を投げる人が多いと思います。
立ち位置は(4歩助走)ファール線から逆方向に歩いて、4歩半の位置が立ち位置となります。

狙い位置は、レーンの先に三角のマーク(スパットがと言われる三角のマークが7個ある)があるので、右から2番目のスパットを狙います。
ストライクポケット(1番ピンと3番ピンの間)に行かなければ(恐らく曲がらないのでポケットの右側にボールは行く)狙い位置を2番スパットと3番スパットの間に或いは3番スパットを狙います。

立ち位置と狙い位置の関係は、標準の人で板目5枚ですので、
アプローチ(立っている場所)にスタンスドットが7個あるので(5個のボウリング場もある)、右から2番目スパットを狙う場合は、スタンスドットの右から3番目(真ん中のドットから右に1個目)に立ちます。
3番スパットを狙う時は立ち位置はスタンスドットの真ん中に立ちます。
ボールを投げてみてストライクになる立ち位置と狙い位置を決めます。
以上がおおまかなボウリングのやり方です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top