FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ボウリングボールのレイアウト  

今朝も早起きです。
ストーブの上のやかんが鳴いてます。
お茶でも飲みますかな。
年を取ると早起きになると言いますが、まさにその通りでして、早起きには自信がつきまして。
新聞配達するには自信が持てる年齢?になりました。

私の家での事なんですが、昨年は干し柿を吊るしまして、2回程行いました。
結構食べ買いがあり、帰省した子供や孫も喜んで食べてくれました。

干し柿の他に干し芋も初めて干したんですが、網状(4段ほどの仕切りがある魚のビクの大きいものだと想像してもらえれば)の中にふかしたサツマイモの皮を剥いて入れて干すわけです。
これも初めてしたんですが、おいしく出来上がりました。

ボウリングボールの動きは、表面素材(70%)でほぼ決まってしまいます。
コアやドリルレイアウトで30%ほどの影響力しか持ちません。
コアやドリルレイアウトは、ボールの曲がり出し距離の調整や、奥での切れ、曲がる幅の調整をするという認識になります。

直接的に動きに影響を加えるとなると表面加工ってのがあります。
サンディングしたりポリッシュしたりと。

ドリルするにあたり3点ドリルというドリルもあるようです。

PAPを計らずにスパンと穴のサイズを測って合わせるだけ。
どこかで聞いたような?
私がホームのボウリング場でドリルを依頼したプロと同じ?

まあ。ドリルの影響は殆ど関係無いとはいいますが、ドリルの仕方によっては曲りに影響が少なからず出る訳でして。

ですが、奥での曲りが大きい小さい、手前から曲がりだす奥で曲り出す、と言う関連でして、関係ないと言えば関係ないですし、関係あると言えば関係ある訳です。

前にも書きましたが、ドリルレイアウトにはデュアルアングルレイアウトとPSAレイアウトとありますが。

私は昔からあるデュアルアングルレイアウトしか分かりませんが、デュアルアングルレイアウトですと、ピン~CGの距離、ドリル角とVAL角によってボールの動きが違ってきます。

初心者の場合はこれで良いでしょうが?マイボウラーですとこれではいかん?と思うでしょうね。

走って切れるボールにしたいとか手前から転がって緩やかに曲がるボールにしたいとか?ですかね。

しかしながら、ボールの素材(ソリッド、パール、ハイブリッド)によって大部分が決まってしまうので気にしなくてもよい?って言えば良いんですがね。

私が穴埋め再ドリルしたボール(妻の中古ボール)はハイブリッド素材が出始めのボールのようです。
まだ、投げてないんですが、ボールの動きは分かりません。
来週あたり投げに行こうと考えています。

昨日、図書館に行ってみた。
池井戸潤の「七つの会議」と言う本を探しにいったんだがなかった。
誰かが借りているのか?もともとないのか?分からないが。
映画で見るからまあいいか?と思い、聞こうと思ったんですが、聞かずに帰宅しました。
まあ。そのうち図書館に行けばあるかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top