FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ボウリングで人の真似をする  

今朝も早起きです。
朝起きて、炬燵つけて、ストーブをつけてやかん乗っけて。
ストーブの上のやかんが鳴いてます。
お茶でも飲みますかな。

昨日は、床屋に行った。
2ヶ月に1回?って感じで行ってます。
若い頃は、普通の床屋に行ってたんですが、床屋代が高い。
近年では、1000円カットの床屋が増えてきて、私もこの床屋へ行ってます。
時間が短いってのと安いので有り難い。
以前の床屋ですと、1時間は当たり前、下手すると2時間とか?待ち時間なんかあったら大変です。
若い頃は、若気のいたりでその頃流行った長髪や髪型を気にして、パーマやコテとかしてたんですが。
社会人になったらそんな事はしてられない。
その後、髪型も刈り上げへと移行し現在では、何とスポーツ刈り(3mで)。
妻曰く、地肌が見えるので止めてと言うが、私は、洗髪するのに楽だと言い返す。
地肌が見えるので止めてと言うが、白髪頭と薄くなった髪に何をいうのか?
以上。無駄話でした。

初心者の場合に、或いは中級者や上級者でもそうかもしれませんが。
あの人みたいな投球をしてみたいとかプロのように投球してみたいと思う方がいらっしゃると思います。

ですが、ダイナミックな投球や個性的な投球をされてる方々も初めは基本?の投球をされていて、そこから自分自身に合った投球に発展していった訳でして、初めからこのような投球をされていた訳ではありません。

基本?と言う投球をご自身がされていて、どうもやりづらいとかタイミングやバランスが合わないとかそういった事から自分自身がしっくりくる投球が現在の投球になった訳です。

ですので、憧れるのは良いんですが、真似て投球されても自分に合わなければ自分自身の投球がおかしくなってしまいます。

人は人。まずは基本で行って、ご自身の合う投球へと移行されるのが良いかなと。
ボウリングを継続してると、そのうちに自分に合った投球になってきます。
自分自身の投球ですね。

特にシニアの場合は、基本的な投球に心掛けた方が無難です。

投球方法だけでなく、リリースでの事柄ですが、昔はリフト&ターンが主流でしたが、近年ではローダウン(高回転リリース)と言うリリースが海外から入ってきて、プロ間では若い人で投げてる人が増えてきています。
その他、ツーハンド、或いは親指を入れずにリリースする方法とか。

私の場合は、リフト&ターンでリリースしています。
シニアの場合は、ローダウンよりもリフト&ターンでリリースされるのが良いかなと。
リフト&ターンは自然な投球と言えます、ローダウンの場合、やり方を覚えるのが大変かなと?
それと、腕や手首に負担が掛かりそうです。

リリースの事柄は、色々と人によって考え方が違ってるとは思います。
ご自分に合ってるリリースで良いかなと。

シニアの場合にはやはり一番は健康と怪我に気を付ける事が大事でして、それからボウリングを楽しむ事ですね。

ボウリングは回転数を競うスポーツではありません。
少ない回転数でもコントロールが良ければピンは倒れます、大きく曲げなくてもピンは倒れます。

自分に合った投球方法で、しっかりと土台作り(フォーム)の練習をし、安定したコントロールと安定したバランスとタイミングで投球出来るように練習する事です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリング ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top