FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

回転の掛け方  

昨日も暑かったです、30度はこえ、場所によっては35度をこえる気温で7月、8月の夏のような暑さでした。
水分補給は豆にした方が良さそうです。
今日は気温が30度以下に下がるようです。

何故回転を掛けるのか?
回転を掛ける事によってピンに当たった時にピンが倒れやすいのとボールを曲げるためでもあります。

ボウリング場でまったく回転が掛からずにスーッと滑らせて投げてる光景を見ますが、これではピン倒れが悪いのでストライクにはなりづらくなります。

回転の掛け方には色々とあります。
昔からあるリフト&ターンとか近年流行っているローダウン両手投げ、若い人(学生さん等)に流行っているサムレス等とあります。
回転の掛け方は他にもあるかもしれませんし、これから新しい方法も出てくるかもしれません。

リフト&ターンは腕が肩の真下(右腰のあたり)に来たら親指を抜き始めてターンしながら投球する方法です。

ローダウンはバックスイング~戻ってくる腕を肘を曲げながら手をボールの下に入れるようにして腕が右足を通過するあたりから肘を伸ばしながら手首も伸ばしながら手の平から転がしながら投球します、この時指で引っかけ上げない、放つ位置は前になる。

両手投げは、親指を入れずに左手を添えながら投球します。

サムレスは肘を曲げボールを抱えこむようにして親指を入れずに残りの指と手の平にボールを載せる感じで手の平からボールを転がし落します。
リリースでは手の平から転がしながらと言う点ではローダウンと同じような感じになります。

サムレスで投球すると分かりますが曲がりがかなりでます、引っかけ上げずに手の平からこぼし落とすようになげる、最後に指に引っ掛かりながら転がり落ちる。
そういった点では、ローダウンを会得したいと考えてるボウラーはサムレスの練習をされて手の平からこぼし落とす練習をされると良いかなと思います。
ハウスボール(軽めのボールで)を使い練習されると良いです。

上のどの方法でも良いんですが、ボウリングを初めて行うのでしたらオーソドックスな昔からあるリフト&ターンで投球した方が良いかなと思います。

中高年者やシニアでは、リフト&ターンでボウリングされるのが宜しいかなと思います。
若い人の間ではローダンが流行ってるようですが。
両手投げも増えつつあります。
サムレスは昔から若い人の間で流行っていた投法でして、主にハウスボールで投げる時にサムレスで投げている人が多いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top