FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ドリルレイアウトの方法 3  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。
朝起きるとテレビを付けてお湯を沸かしてお茶を飲みます。
ここのところ気温も下がり過ごしやすい気候が続いています。

今日から6月です。

初めに言っておきますが、前提として、ボールが曲がる要素としては、ドリルレイアウトは10%~20%位しか影響はしません。
パーセント的には低い数値と言えます。

〇PAPを測る

○PIN~MBに線を引いたら。

③ドリル角を決めまて線を引く。

PIN~MBに引いた線とPIN~PAPに引いた線の角度を決めて線を引きます。

ここでは、ドリル角45°とします。
ドリル角45°は中間でして、ボールの投球スピードが速くもなく遅くもなく中間の平均的なボウラーに適してると言えます。

ドリル角は基本は10°~90°の範囲で行われ、角度が少ないほど手前から転がり(スキッドが短くなる・アーク状)、角度が大きいほど奥で転がります(スキッドが長くなる・走る)。

↓ドリルレイアウト。図形は正確ではありません。

ドリルレイアウト3

今日はここまでとします。次回に続きを書きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top