FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

ボールは何故曲がるのか  

年を取ると早起きになると言いますが。
朝起きるとテレビを付けてお湯を沸かして。お茶でも飲みますかな。

毎日早起きしてるんですが、更新は朝が多いんですが、朝は出来ない事もあるので朝以外に更新する事もあります。
また更新が出来ない事もあります。

昨日は、かなり蒸し暑かった。
少し動くと汗が出てきて、湿度があると気温が低くても汗ばんできます。

以前に記事に書いたような気がするが忘れてしまったので。
重複してしていたら申し訳ないんですが。

ボールは何故まがるのか?
質問された時にどう答えるか?
簡単そうですが、考えてみると意外と難しいと言えます。

ですが、皆さんのそれぞれの答えは曲がる要素としては正解と言えると思います。

例えば、油が少ないから、ボールが曲がるボールだから、回転方向が曲がる方向だから、回転数が多いから等その他にもあると思いますが。

例えば曲がるボールを使用すれば曲がるんですが、投げ方によっては全く曲がらないと言う現象がおきます。

また、曲がるボールで曲がる投げ方をしてもレーンコンディション(油が多い状態)によっては曲りが少なくなります。

ボールの曲りはボール自体の性能もあるんですが、一番重要なのは投げ方という事になる訳です。

投球動作が曲がるべく回転方向(アクシスローテーション)になってないといくら性能が良い曲がるボールでも曲がなりという事になる訳です。

ボールを投げ始めてピンにあたるまでにボールはどうなるかというと。

ボールを投げると油のあるレーンを横滑り回転しながら滑っていきます(スキッド)、そして油が少なくなった部分から曲り出します(フッキング)、そして油のない部分から摩擦が多くなり転がりだします(ロール)。

ボールを投げるとスキッド~フッキング~ロールを経てピンにあたります。

ボールが曲がるには投球動作が重要でして、ボールが投げられてから、ボールは、スキッド~フッキング~ロールを経てピンにあたります

ボールが曲がるのは、ボールのリアクションの変化でして。
投球した時からピンにあたるまでの回転軸の移り変りによってボールは曲がるという事になります。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top