FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

流行の回転の掛け方  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

ここところ秋を感じる陽気です。
このまま涼しくなっていく感じです。

大相撲は千秋楽でした。
優勝争いの力士が多くいましたが、絞られてきて先々日は、3敗力士が3名、4敗力士が2名いまして優勝争いは混沌としてました。
星のつぶし合いで、昨日は3敗力士3名になり直接対決があり、3敗力士は2名になり優勝決定戦になりまして。
関脇の貴景勝と関脇の御嶽海での優勝決定戦を行い御嶽海が優勝しました。
貴景勝を応援してたんですが残念でした。
しかし、10勝以上勝つと大関復帰はクリアしたので来場所は大関復帰になりまして良かったです。

以前、ブログで書いたと思うんですが。忘れっぽいので定かではない。

回転の掛け方はボウラーによって違っていて色々です。
昔からあるリフト&ターンにしてもボウラーによって違っています。

近年では、リフトせずに転がすようにして回転を掛ける方法も出てきました。
俗に言われているローダウンと言う投球方法です、海外で流行りだして、日本の若いプロボウラーの中では増えてきています。
転がす投球にしてもボウラーによって違っています。

引っかけ上げると指への負担も掛かるのでリフトせずに転がす方が良いのかもしれません。

転がす場合は、手の平から転がり落ちるようにするんですが、手首を柔らかくして、真っ直ぐにしてた手首をリリースで解除して後はリフトせずにボールが手の平から転がり落ちると言う事です。
落ちていく反動で手首は自然とターンすると言う事です。

文章にすると分かるんですが、実際にやってみると難しいので練習が必要です。

サムレスと言う投球方法があるんですが、その投球と同じような感覚での投球となります。
サムレスは親指を入れずに手の平から転がすように投球します。
ローダウンは親指を入れて、親指が抜けた時に手の平から転がすように投球します。

ですので、練習するならばサムレスで投球の感覚を練習し、その後親指を入れて練習されると宜しいかなと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング
スポンサーサイト



コメント

還暦ボウラー様
おはよう御座います。

若い頃に読んだボウリングの教則本では回転を意識しすぎると
コントロールを乱すので握手の手を差し伸べるよな気持ちで
リリースせよ。それでも曲がると出ていました。
実際にそのような感じで投げると小さいですが曲がっていました。
でも地味で面白みに欠けますね。

愛新覚羅

aishinkakura #- | URL
2019/09/23 07:18 | edit

おはようごいます

愛新覚羅さん。
コメントありがとうございます。

ボウリングを始めた初心者マイボウラー(中級者でも)の一つの壁がボールを曲げる事ですね。

還暦ボウラー #12eOD0tw | URL
2019/09/23 08:29 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top