FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

横回転の掛け方  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

今日から10月です。
消費税も今日から上がり、電車賃も上がります。

横回転の掛け方を教わる時にリフト&ターン、握手の形、親指を内側に10時の方向等と言われると思います。

しかし、大事な事があるんですが。

親指を先に抜かないと回転が殆ど掛かりません、掛からないと横回転にならない訳です。

特に初心者マイボウラーは一生懸命に上に書いたような事を練習するんですが、指の抜けが殆ど同時のボウラーが多い訳です。
それは指の抜き方を教えない場合が多いからです。

頭で分かっていてもなかなか出来ないボウラーが多いのも現状でして。

練習して抜き方を覚える他はありません。

以前、ブログでも書いたかもしれませんが、親指は意識せずにフィンガーを意識(特に人差し指)して投球すると親指は抜けます。
親指は押さえるだけ(握らずに)、その為には親指をキツメに調節します。
緩いから握ってしまう訳でして、握ってしまうと自然に抜けません。

試しに、ボールリターンの上でフィンガーを意識してボールをその場で転がしてみると親指が先に抜けながらボールが転がると思います。

同時抜けは、ボールを投げるときに親指もフィンガーも同時に力を抜くからでして。

ボールが落ちるまで最後までフィンガーは意識すると同時抜けしないので回転が掛かりやすくなります。

また上に書いたように、リフト&ターン、握手の形、親指を内側に10時の方向を考えずとも意識せずとも親指が先に抜ければ自然と手はターンするので横回転が掛かる訳です。

縦回転の時は寧ろ意識して手の返しが掛からないようにして投球しますので、寧ろ縦回転の方が考えて意識する必要がある訳です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング
スポンサーサイト



コメント

還暦ボウラー様
おはよう御座います。

なるほど。親指の抜けが重要なわけですね。
ハウスボウルは一般的に親指の穴が大きくなっていると思います。
だから曲がりにくいし、コントロールもつけにくいのですね。

愛新覚羅

aishinkakura #- | URL
2019/10/01 07:21 | edit

おはようございます。

愛新覚羅さん。
コメントありがとうございます。

重さは軽くても親指がピッタリのを選ぶと良いですね。

還暦ボウラー #12eOD0tw | URL
2019/10/01 07:58 | edit

こんばんは。

非公開さん。
訪問並びにコメントありがとうございます。

還暦ボウラー #12eOD0tw | URL
2019/10/01 19:06 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top