FC2ブログ

還暦からのボウリング

還暦を機会にボウリングを再開しました。

親指の角度(ピッチ)  

毎日早起きです。
年を取ると早起きになると言いますが。

ボールが落ちる・抜けづらいと言う事がありますが。

ボールが落ちる、抜けづらいの原因はサムホールが大きい、小さいが原因が多いのですが。

上の事柄が改善してるとなると、他に原因があります。

ドリルに関しては以前、ブログで書いたと思いますが。

ドリル時に於いての親指の角度(ピッチ)が原因の場合もありますが。
ドイルする時にはそういった事柄は調べるので。

但し、ドリラーによってはこういった事柄を調べないで平均的なドリルをする人もおります。
特に初めてマイボールを作る人(初めてマイボールを作る人ほど慎重に調べないといけないのですが)の場合に、適当に(平均的な一般的な)ドリルする人も少なくありません。

ボールを投げて、何かおかしい?とか違和感があったり、指が痛くなったり、何かおかしいと思ったら、ドリラーに相談されると宜しいかなと。

普通、サムホールを掘る場合は、ゼロピッチと言ってボールの中心に対して真っ直ぐに掘りますが、ボールが落ちやすい場合は、フォワードピッチと言って中心に対して内側に向くように掘ります、逆に抜けづらい場合は、リバースピッチと言って中心に対して外側に向くように掘ります。

ゼロピッチ:通常はこれ。
フォワードピッチ:親指の抜けが遅くなる。
リバースピッチ:親指の抜けが早くなる。

更にそれぞれ、左右に向けるようにレフトとライトがあります。

↓親指の角度

18

親指の角度(ピッチ)を変える。
ドリルする場合には、ボウラーによってピッチを変えて掘る訳です。

初心者マイボウラーでも、ドリル時に於いて、上のような事柄もあると言う事を覚えておくのも宜しいかなと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
にほんブログ村


ボウリングランキング
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top